日帰りの大清水発トレッキングをしてみましょう

subpage01

尾瀬国立公園内の登山口である大清水はアクセスの良い群馬県側に位置していますが、直接東京から大清水にアクセスできるのは旅行会社が主催する日帰りバスツアー・高速バスがあります。東京からのアクセス時間は4時間台・5時間台が通常であり、日帰り夜行ツアーや夜行便を使った場合は4時台や5時台から歩き始める事ができます。

尾瀬のツアーの情報もあります。

群馬県側の鳩待峠と比較すると、大清水登山口は健脚自慢の方や何度も尾瀬に訪れている方におすすめとなっていますが、これは標高差のある登山道を登っていくからです。



大清水コースは尾瀬沼・大江湿原といった代表的なエリアを歩く事が出来ますので、尾瀬沼でランチを取るといったスケジュールで行程を考えていくのがおすすめです。大清水夜発日帰りツアーは7千円台から設定している旅行会社もあり、10時間近く歩けるメリットがあるので高山植物・山岳地帯・湿地帯の撮影・仲間との親睦を深めるのには最適と言えます。



道中の休憩は山小屋の休憩所やベンチなどで取る事が可能ですが、温かい食事を取りたい場合は売店で軽食類を注文するのも良いでしょう。

尾瀬散策時のマナーとしては、トイレに関しては登山道沿いに多くの公衆トイレが設置されているので、そちらに置かれている募金箱にチップを収める形で使用をしましょう。
ゴミのマナーも大切であり、自分が出したゴミは基本的に持ち帰る事が大事です。


多くの人の努力の上で尾瀬の環境保護が成り立っているので、これらのマナー以外にも他の人の迷惑にならないように節度ある行動をしましょう。